2015/3/18に矯正器具をつけて、約2年後の2017/2/20に矯正器具が外れました

でもまだ歯列矯正が終わったわけではありません、ここからはリテーナ(保定装置)をつけることになります。

 
 

リテーナ

歯列矯正リテーナ

 

リテーナは矯正器具を外した後、歯の戻りを防ぐため、かみあわせを安定させるため、につける装置です。
矯正後まだ骨が固定していないため、歯は元に戻ろうとするそうです。

管理人の場合は1年間は、ご飯と歯磨きの時意外はずっとつけておくように言われています。
その後は寝る時だけとかになるみたいです。

リテーナをさぼるとせっかく整えた歯並びがまた乱れる事もありえるので、意地でもリテーナつけようと思っています!

リテーナの付け心地

リテーナの付け心地ですが、「矯正器具→リテーナ」となるので最初はすごく楽に感じます。

でもかれこれ10日間くらいつけてみて、口の中に違和感はあまりないですが、毎回ごはんの度に「外す→洗う→つける」をしなければならないのがめんどいです。
やっぱなにもないのが一番です(;・∀・)!

歯並びが生まれつきいい、成長してもいい、という方はそれだけでものすごくラッキーな人だと思う今日この頃です。