歯列矯正に関する用語を写真付きで紹介しています

ブラケット ブラケット
四角い金属や透明の装置の事で、アーチワイヤーの力を歯に伝え、固定する役割をしています。
歯列矯正、アーチワイヤー アーチワイヤー
この針金にそって歯が移動します。矯正が進むと細い→大きいへとサイズ変更していきます。
リガチャーワイヤー リガチャーワイヤー
アーチワイヤーをブラケットに結びつける役割の針金、結紮線(けっさつせん)ともいいます。
歯列矯正、パワーチェーン パワーチェーン
素材はゴムでできており、歯と歯のすき間を詰める目的で使用されます。
歯列矯正、大臼歯バンド 大臼歯バンド
大臼歯につける輪っか状の金属です。奥歯に直接ブラケット(チューブ)を貼り付けるととれやすいために、バンドを装着します。
歯列矯正、チューブ チューブ
大臼歯につけるブラケットです。
セパレーティングゴム セパレーティングゴム
矯正器具をつけやすくするために、セパレーティングゴムで歯と歯の間を広げます。
ループワイヤー ループ
歯のすき間を閉じるために使われるワイヤーの形状。
ブラックトライアングル ブラックトライアングル
歯と歯の間の歯肉が退縮してできる、黒い三角形に見えるすき間の事。
矯正中のは、治る事もあるし治らない事もあるみたい、管理人は治るのでしょうか・・・?
顎間ゴム 顎間ゴム(がっかんごむ)
またはエラスティクスゴムともいいます。
主に上下の歯のかみ合わせを調節するために使用されます。
食事と歯磨き以外の時間はつけっぱなしにしになります。
ゴムかけ2級ゴム 2級ゴム
ゴムの掛け方の種類です。
上の歯から下の歯に向けてかけるかけ方。
上の歯を後ろに下げたい時のかけ方です。
ゴムかけ3級ゴム 3級ゴム
ゴムの掛け方の種類です。
下の歯から上の歯に向けてかけるかけ方。
下の歯を後ろに下げたい時のかけ方です。
UP&DOWNゴム UP&DOWNゴム(アップアンドダウンゴム)
ゴムの掛け方の種類です。
縦にかけるかけ方。
縦方向に力をかけたい時のかけ方です。
リテーナ リテーナ
リテーナ(保定装置)
器具を外した後かみ合わせを安定させるための装置。
それとともに歯の後戻りも防ぎます。